ホーム > 歯周病について

歯周病について

歯周病について



歯周病とは、歯を支えている周囲-歯槽骨(あごの骨)と歯肉-の病気の総称です。日本人の約90%以上の人が歯周病を患っているといわれています。歯周病は年齢に関係なく、歯がある限りそのリスクはあります。

歯周病は進行性の病気であり、一過性のものではありません。そのため、一時的な治療は全く意味を成さないものがあります。

日本は歯周病の罹患率が高く、そして多くの方は自覚がありません。
自覚症状がなく、ゆっくりと進行していくのが歯周病の特徴です。身体の免疫機能が著しく低下したときなど、急性症状を発することも多くあります。
最近では、その若年齢化も問題となっています。身体のどこよりも早く『老化』が進行しているのです。

歯周病の進行

 

歯周病はプラーク(歯周病菌)が大きな原因です。

口腔内には常に細菌がありますが、善玉菌といった菌の繁殖をコントロールするような役割を持っているものもあります。
細菌のエサとなる、食渣(磨き残し)が口腔内に停滞していると細菌のコントロールがうまくなされず、細菌はたちまち繁殖しプラークという細菌叢をつくります。

プラーク(細菌叢)は歯周病菌、ウ蝕菌(虫歯菌)に分類されます。
それぞれ細菌の活動性、活動の場が違います。

歯周病菌は嫌気性であり空気に触れない場で活動し繁殖します。
その活動の場が歯周組織内になります。
歯周組織に停滞した細菌(プラーク)が、細菌繁殖を繰り返しやがて組織の破壊が起こります。

その破壊に対する生体の反応を炎症といいます。

炎症は、プラークの付着した状態と、身体の免疫力、また生活習慣、服用薬などによって進行していきます。

歯周病が進行すると、歯周組織が破壊され、さまざまな炎症症状を引き起こします。
破壊された組織は現代の歯学において再生できる可能性が低く、また、歯周病は口腔内に限らず、全身的な影響を及ぼすことがわかっています。

歯周病は、進行性の病気であり、一刻も早くその原因を取り除き健康回復を目指さなければなりません。そのため炎症改善と健康の維持を行うことが最善の治療です。

治療の流れ

歯周病は一過性のものではありません。進行していく病気です。
一時的な治療は全く意味をなさないものがあります。

そのため、今のお口の状態を確認しなければなりません。
まずは、お口の精密検査を行っていきます。
そして口腔内の状態や炎症の具合、その原因について考えます。
その後カウンセリングを行い、治療プログラムをたてていきます。

歯周組織の炎症については、一刻も早く原因を突き止め取り除くことが必要になります。
本来の身体の機能を回復させ、歯周組織の健康回復と維持を目的とした治療をサポーティブペリオドンタルセラピー(歯周サポート治療)と言います。

アクセス


大きな地図で見る
【住所】
〒151-0053
東京都渋谷区代々木1-38-4田中ビル3F

代々木駅前 徒歩30秒

ホームページを見たとお伝えください
【電話番号】
03-5333-1866

【受付時間】
11:00〜14:00
15:00〜20:00

お問い合わせ 詳しくはこちら
  • RSS配信
  • RSSヘルプ