ファイバーコア(差し歯などの土台)

ファイバーコア(差し歯などの土台)

虫歯治療

コアとは、むし歯部分を削り、その場所に土台となる芯棒をいれるその土台部分の芯棒がコアと呼ばれます。芯棒には今まで金属が使われてきましたが、その金属の代用として使われはじめているものが、グラスファイバーです。この技術を、『ファイバーコア』といいます。

ファイバーコアの優れているところ (1)光の透過性
自然の歯は、光の透過性に優れていますが、金属のコアは光を通しません。ファイバーコアは、自然の歯と同様に光の透過性に優れているため、自然の歯のようにきれいな仕上がりになります。
 
ファイバーコアの優れているところ (2)天然の歯のような柔軟性
金属でできているコアは、強度が硬すぎるため、強い負荷がかかると、ご自身の歯が折損してしまったり、欠けてしまったりします。ファイバーコアは、柔軟性に優れているので、ご自身の歯に余計な負荷がかかりにくくなっています。また、金属を使用していないので、アレルギーの心配もありません。

治療の流れ

術前:むし歯によって、歯の色が変色しています。
むし歯になってしまうと、歯は黒く変色してしまいます。この状態は、かなりむし歯が変色してしまっているため、歯の根部分を残し、その他の部分は削らなければなりません。
治療中:削った後に、ファイバーコアを装着。
削った部分にファイバーコアを装着します。ファイバーコアは、金属を使用していないので、アレルギーの心配がありません。また、硬度や色合いが自然の歯に近い素材のため、身体にやさしい素材だと言えます。
術後:ファイバーコアの上に、セラミッククラウンを装着します。
人工の歯(セラミッククラウン)を装着します。使用している材料はセラミックのみなので、金属アレルギーの心配は、歯肉の黒ずみの心配もありません。見た目も透明感に優れているため、自然です。


ハイブリッドセラミックスやオールセラミックス等、金属を使わない新素材の補綴物(かぶせ物)で治療するときには、ファイバーコアは最良の組み合わせになります。ぜひご検討下さい。
※症例によってはファイバーコアが使えない場合もございます。必ず医師にご相談下さい。

アクセス


大きな地図で見る
【住所】
〒151-0053
東京都渋谷区代々木1-38-4田中ビル3F

代々木駅前 徒歩30秒

ホームページを見たとお伝えください
【電話番号】
03-5333-1866

【受付時間】
11:00〜14:00
15:00〜20:00

お問い合わせ 詳しくはこちら
  • RSS配信
  • RSSヘルプ