義歯治療(入れ歯)

フレキシブルデンチャー(ノンクラスプシリコンデンチャー)

「入れ歯に金属のバネがなくなりました」

従来の部分入れ歯には、装着時に金属のバネが見えたりして見た目がよくありませんでした。バルプラストの場合、スーパーポリアミドナイロンでできた樹脂がバネの役割を果たすため、従来の入れ歯のような金属のバネがなく、美しい見た目で自然感があり、人に気づかれにくい入れ歯です。
 

金属床義歯(入れ歯)

(特徴)
薄く快適:装着している違和感があまりなく、お口の中が広く感じます。
温度が伝わる:温度を感じ取ることも味わいの一つです。金属床は温度を伝えやすい特徴があるため、食事への満足度は向上するでしょう。
丈夫で残った歯にも優しい:バネを使用する入れ歯の場合は、残存している歯にバネを引っ掛けるので負担がかかりますが、金属床の入れ歯では、残存している歯に大きな負担がかかることはありません。
見た目に目立たない工夫もできます:バネを使用した入れ歯のバネを、目立たせずに仕上げることができます。前歯に装着している入れ歯からバネが見えることが気になっている方などにお勧めです。
修理、リフォームも可能です:入れ歯が破損してしまった場合でも、金属床であれば溶接等で修理することができるので、長期間ご使用いただけます。


それぞれの金属の特長を活かした金属床





ミリングデンチャー(バネのいらない義歯(入れ歯))

(特徴)

バネがないので見た目がきれい(審美的)
義歯(入れ歯)が安定し良く噛める
残された歯を長期にわたり保つことができる
装着感が良く、異物感がない


治療前


通常の義歯(入れ歯)


ミリングデンチャー治療後
アクセス


大きな地図で見る
【住所】
〒151-0053
東京都渋谷区代々木1-38-4田中ビル3F

代々木駅前 徒歩30秒

ホームページを見たとお伝えください
【電話番号】
03-5333-1866

【受付時間】
11:00〜14:00
15:00〜20:00

お問い合わせ 詳しくはこちら
  • RSS配信
  • RSSヘルプ